Case 症例

Case 審美修復治療の症例の紹介

Case-01 「審美修復治療 Ⅰ」

Demand
メタルボンドのやり直しを希望され来院されました。
Practitioner
全体的なバランスを考慮して写真の右上の歯をポーセレンラミネートベニアをその隣にはコンポレットレジンを、写真左上の歯2本をオールセラミッククラウンで修復しました。

Case-02 「審美修復治療Ⅱ」

Demand
前歯2本を綺麗にしたいという要望で来院されました。
Practitioner
オールセラミッククラウンで修復しました。

Case-03 「審美修復治療Ⅲ」

Demand
前歯の隣の歯の色が変色しているのが気になるのと前歯のメタルボンドと歯茎の間の境目に黒いのが気になるという事で来院されました。
Practitioner
前歯2本と左側の変色している歯をオールセラミッククラウンにて修復、右側の変色している歯をポーセレンラミネートベニアで修復しました。

Case-04 「審美修復治療Ⅳ」

Demand
前歯の右側のクラウンが脱離し、その隣の歯が無い所に歯を入れてほしいが、他の歯は治療してほしくないという要望でした。
Practitioner
前歯のクラウンが脱離した所にオールセラミッククラウン、歯が無い所にはインプラントにオールセラミッククラウンをしました。その他の歯は要望通り治療はしていません。

Case-05 「審美修復治療Ⅴ」

Demand
写真向かって右の歯2本のブリッジのやり変えで来院されました。
Practitioner
オールセラミックブリッジ(ジルコニア)、歯茎はマイクロサージェリーを行い再建しました。

Medical Information 診療内容のご案内

Contact

南歯科医院ロゴ

医療法人 皓隆会 南歯科医院

〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号堂島ビルヂング1F

TEL06-6315-0111

FAX06-6315-0166

pagetop

copyright © minami dental office all rights reserved