衛生士紹介|貴島 佐和子

  • TOP>
  • 衛生士紹介|貴島 佐和子

messege貴島佐和子衛生士を中心に
患者様のお口の健康をお守りします

歯を永く使い続けるために必要なのが歯科予防であり、それを担うのが歯科衛生士です。

こちらでは当院の歯科衛生士、
貴島 佐和子をご紹介します。
当院ではチーフの貴島を中心に全スタッフが、歯科予防技術の向上のため、日々研鑽を積み重ねております。

理事長ともともと働いていた
医院が同じだった

理事長ともともと働いていた医院が同じだった

当院のチーフハイジニストである貴島佐和子は、歯科衛生士として30年以上の臨床経験を積み重ねてまいりました。歯科衛生士としての貴島の技術は、他院様からも一目置かれるほど卓越しており、歯科衛生士の方々の指導も行うこともございます。

貴島と当院とのつながりは、以前勤めていた歯科医院が理事長と同じだったことに始まります。当院の開院にあたり、「診療コンセプト実現には貴島の力が欠かせない」と考えた理事長から請われて、当院の歯科衛生士として勤務することになりました。

何ごとも「突き詰める」ことは先生と同じ

何ごとも「突き詰める」ことは先生と同じ

歯科医療における歯科衛生士が果たす役割は、ますます重要になってきています。衛生士としての業務は、歯のクリーニングや検診だけにとどまりません。いくら虫歯や歯周病を治療しても、歯の状態が変わらなければ、病気が再発してしまうからです。

貴島は「何ごとも突き詰めたい」という性格であり、気になったことはとことん調べて実践し、自身のスキル向上につなげています。貴島の歯科治療に対する取り組み方や姿勢は、理事長とよく似ております。貴島のこうした姿勢が理事長の目に留まり、開院時に誘われたのです。

衛生士を指導する衛生士

衛生士を指導する衛生士

歯科衛生士に要求される技術は、日々レベルアップしています。歯科衛生士は現状のスキルに満足することなく、常にその技術を磨いていかなければいけません。技術に長ける貴島は、当院だけでなく、他院の歯科衛生士の方々を指導する役割も果たしているのです。

指導においては、患者様とのコミュニケーションスキル、スケーリングやルートプレーニング技術など、これまでの臨床にもとづく様々な手法をお伝えしています。貴島自身、「自分の持っている技術を惜しみなく後輩たちに伝えていきたい」という想いから熱く指導しています。

患者さんを真っ先に理解することが大切

患者さんを真っ先に理解することが大切

歯科衛生士にとってもっとも必要な技術は、コミュニケーションスキルかもしれません。患者様のお悩みや日々の生活習慣などをお伺いし、歯の状態は今どのような具合か、今後セルフケアはどうしたらよいのかなど、丁寧にお伝えする必要があるのです。

貴島は、患者様とのコミュニケーションを大切に考え、患者様のことをとことん理解するように努めています。患者様とお話をする中で、患者様のバックグラウンドや、患者様が求めておられることなどを理解し、「歯の健康を永く続ける」治療につなげています。

所属学会

日本歯周病学会
日本臨床歯周病学会

役職

5-D DHコース主任講師
大阪大学歯学部附属歯科技工士専門学校 非常勤講師
日本臨床歯周病学会 認定指導歯科衛生士
大阪糖尿病療養指導士

公演実績

2014年10月10〜12日
第7回日本国際歯科大会
パシフィコ横浜

2016年7月9日・10日
日本臨床歯周病学会第34回年次大会
アクロス福岡
「歯周治療に対する包括的アプローチ〜Drの目線・D Hの目線〜

2016年11月12〜13日
株式会社ジーシー創業95周年記念第4回国際歯科シンポジウム
東京国際フォーラム
「審美修復治療後の補綴物の維持と歯周組織の安定のために」

2018年10月5〜7日
第8回日本国際歯科大会
パソフォコ横浜
「Advanced Instrumentation~レベルアップのために必要なこと〜」
2018年10月25〜27日
第61回 秋季日本歯周病学会学術大会
リーガロイヤルホテル大阪
「臨床経験を通して変わってきたものと変わらないものを考える」

著書

インスツルメンテーション上達のコツ+指導のヒント
歯科衛生士2017,5vol.41/ 7vol.43

“想像力”を働かせる歯周病検査
デンタルハイジーン2013,vol,33 no7~vol,39 no12

教えてDr.天野!この患者さんのリスクは何?
デンタルハイジーン2016,vol.36 no.7~vol.41 no12

歯周病を治すS R P できる歯科衛生士のスキルと知識
デンタルハイジーン別冊 医歯薬出版株式会社2014
沼部幸博 貴島佐和子 土屋和子編著